ニキビ跡のクレーターを防ぐには、毎日のスキンケアを怠らないことが不可欠です。顔をきちんと洗い、肌をきれいに保ちます。たっぷりの泡で顔を洗い、流水でよくすすぐことが重要です。 1日に2回必要なにきびが多いほど、にきびが多くなり、肌に油が分泌される可能性があります。十分な睡眠が取れていない場合や食事に偏りがある場合にも、にきびが発生する可能性が高くなります。睡眠不足は美肌に悪影響を及ぼしますので、ぐっすりとお休みいただける時間と環境を整えてください。糖分や油分を多く含む食事をすると、皮脂の分泌が増え、ニキビの原因になりますので、適度に摂ってください。ビタミンCを積極的に摂取することで、肌の弾力性を改善し、ニキビ跡がクレーターのようになるのを防ぐことができます。ニキビのある部分に触れたり、髪の毛に触れたりすると、ニキビが刺激されて症状が悪化し、クレーターのようになることがあります。にきびができたら、皮膚科の治療を受けることをお勧めします。近年、にきびを穏やかに治すことができる多くの薬が開発されました。ステロイドをニキビ跡に注射したり、特殊なテープを貼ったりして、ニキビ跡を目立たなくする治療法もあります。また、医療機関に行って、クレーターにきびの傷跡の改善に取り組むこともできます。レイデルポリコサノール10