カロリー制限があっても思い通りにダイエットできない人が多いようです。人間には体の防御システムがあります。カロリー摂取量を大幅に制限すると、環境の変化から身を守る身体の能力が活性化されます。突然のトラブルで数日間食べられなくなると、突然体重が減り、生き残ることが難しくなります。あなたを殺さないように突然食べ物が入らない場合、またはあなたが少量の低カロリーの食べ物だけを食べる場合、あなたの体はそれを緊急事態として認識します。カロリーをあまり消費しない体になることで、少なくとも食事の量は体が病気になるのを防ぎます。極端な食事制限と低カロリーの食事では、人体はできるだけ少ないカロリーを使用して脂肪を蓄積しようとします。消費しない、いわゆる低消費モードになります。環境にやさしい体は、カロリー制限があっても期待通りに体重を減らすことはできません。これがダイエットがスムーズに進まない理由です。よくダイエットするためには、急激にカロリーを落とさずに適度に食べることも必要です。ダイエットをするためには、無差別にカロリーを減らすのではなく、体の扱い方を考えることが大切です。