傷や不安障害の原因は、皮膚で生成されたメラニン色素の沈着です。皮膚細胞を保護するメラニン色素は、紫外線などの刺激によって生成されます。メラニン色素は、一定期間皮膚にとどまると、通常、皮膚の代謝によって体から除去され、消えます。しかし、過剰なメラニン色素が生成されると、代謝分泌が継続できないため、皮膚に残ります。しみやしびれの原因です。長期にわたる皮膚の炎症と紫外線の影響により、色素メラニンの過剰な生成が傷や難聴を引き起こすようです。ニキビや皮膚のかぶれが悪化し、シミやしびれに色素沈着が起こると言われています。老化による新陳代謝の低下、乾燥肌、血行不良により、古い肌は分泌されにくいと言われています。メラニン色素は簡単に残ることができます。妊娠中や月経中は、皮膚が紫外線や乾燥の影響を受けやすくなり、女性ホルモンがメラニンの過剰産生を引き起こす可能性があります。くすみは、メラニン色素の沈着、角膜層の肥厚、および血流の低下による毛細血管の透明性の喪失と血流の乱れによって引き起こされます。原因ごとに傷やしびれに対する対策が異なりますので、まずは肌の状態とその原因を調べてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA