下半身の締め付けに。女性の体は上半身よりも下半身で太る傾向があり、これも多くの洋ナシ型の太りすぎの原因です。下半身は心臓から離れているため腫れやすいのが特徴で、運動不足を続けると筋肉量や新陳代謝が低下します。多くの人が下半身を引き締めてサイズを改善したいと思っています。引き締めは計画通りに進んでいないのが現実です。下半身の引き締めの効果は、ウォーキングや運動など、下半身の筋肉を動かす機会を積極的に作り出すことです。テレビを見たり、食事の準備をしたりするなど、日常生活の中で運動を続けるのは簡単です。 1つの方法は、職場や学校に旅行するときに自転車または徒歩で行くことです。また、運動により体が適度に疲れ、睡眠が深まり、目覚めが快適になるため、自律神経の調節にも効果的です。また、硬い筋肉をほぐす運動で下半身を引き締める効果もあります。激しい運動でなくても、ヨガやピラティスのような穏やかな運動も効果的です。筋肉の新陳代謝が高まり、クランプ効果が現れるまでには、少なくとも1〜3ヶ月かかると言われています。忍耐強いモチベーションが重要ですので、感じずに下半身を引き締め続けるので諦めないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA