日焼け止めについて考える人は多いと思います。日焼け止めを日焼け止めとして使用する場合は、SPFおよびPAと呼ばれるインデックスに注意してください。 SPFは中波長の紫外線を遮断する指標です。 PAは、同じ長波長の紫外線を遮断する指標です。紫外線の波長である短、中、長の3つの長さがあります。ミディアムとロングの2種類の紫外線が私たちに影響を与えると言われています。日焼け止めを購入するときは、購入する前にSPFとPAを確認してください。日焼け止めは汗に強いのですが、一日中持続するわけではないので、朝の外出時に塗るだけでは効果がありません。海など水に浸かっていない通常の生活を送っている場合でも、1〜2回の再塗布をお勧めします。日焼け止めを塗るだけでなく、傘、帽子、サングラスなどの小物を使って日焼けを防ぐこともできます。角の広いタイプを選ぶと紫外線も遮断し、頭皮や髪を守る重要な日焼け止め対策のひとつが帽子です。必ずUVカット機能のあるサングラスをお選びください。通常、私たちは目が紫外線の影響を受けることを気にしません。紫外線は決して目には良くないと言えます。サングラスを選ぶときは、必ず紫外線防止機能があるか確認し、日焼けに注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA