健康を維持するためには体重や体型を管理することが重要ですが、前提は標準体重です。標準重量計算方法では、BMI法による標準重量計算方法が一般的です。 BMIには、標準体重を決定するために使用されることになっている式があります。 BMIから計算した場合、標準の重みはBMI22です。統計的に、BMI22の人は高血圧や高脂血症を発症する可能性が低く、肝臓の損傷や耐糖能障害を発症する可能性が低くなります。体脂肪率はBMI値に直接関係していません。このアイデアは、筋肉量が多いかどうかに関係なく、同じ結果をもたらすと考えられています。標準重量に記載されている数値は、標準の体型と同じではありません。脂肪は筋肉より軽い物質なので、普通の体重と言っても脂肪が多い人は健康な体型になると言われています。筋肉が多い人は脂肪が多い人よりも体型が重いので、肥満だと誤解されやすいようです。あなたが目指すべき体型は、あなたがどの体型になりたいかという考えに依存します。体全体に適切な量の筋肉を作りたい人もいれば、薄くて細いだけの人もいます。標準体重や理想の体型は、個人の好みや方向性によって異なるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA