体重と体型を標準の範囲内に保ちたい人は、太りすぎの程度にも敏感です。標準重量として広く使用されているBMI法の式は、標準重量=重量÷高さ×高さです。 18.5以下のBMIは太りすぎであると言われ、少し体重を増やす必要があります。通常の体重はあなたのBMIが18.5-25以内であることを意味します。肥満はBMI25によるものですが、さらに分かれています。 25〜30は太りすぎ1、30〜25は太りすぎ2、次に5刻みで太りすぎ3、4です。BMIは身長と体重のみで計算されるため、体脂肪率は無視されます。したがって、高脂肪の人々は少しぽっちゃりして目立ちます。実際、筋肉質で一見肥満に見える人でも肥満ではなく、一般的に体重を減らす必要はないと考えています。モデルの体型は、目指すべき体型だと思っている方もいらっしゃると思います。モデルの体型は必ずしも標準の体型ではありません。それらは通常の体重よりもかなり薄く、しばしば太りすぎと見なされます。自分の体重を知ることは自己管理にとって重要ですが、体重だけで判断できるものではありません。常に体重に応じて体脂肪率と体サイズを測定してください。また、太りすぎないように、体型が変わっていないことを確認することも重要です。普通の体重に達しても、体型を崩しても意味がありません。ダイエットするときは、運動と組み合わせて筋肉量を維持してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA