場合によっては、斑点としびれの本当のアイデンティティは老人性色素斑であるように見えます。 30代から30代前半の人には、20代後半に発生する可能性のあるしみや難聴があり、老人性と呼ばれていますが、若者にも見られます。 40代の60%が持っていると言われており、大人は数インチに達することができます。老人性色素汚れの原因は、長期間の蓄積による紫外線の影響です。つまり、5年から20年前の紫外線の影響で細胞核が弱まり、色素メラニンが過剰に生成されるのが普通です。年齢は直接の原因ではありません。幼い頃から強い紫外線で日常の雑用やスポーツをしている人や、肌が明るくて最初は紫外線に弱い人がやっていると言われています。顔だけでなく、紫外線にさらされる可能性の高い手や肩の後ろにもシミやしびれができると言われています。顔や体にシミやシミができると、古く見えて現在の年齢とはかけ離れてしまいますので、注意が必要です。紫外線への曝露を極力防ぐことは可能ですが、一度黒ずんだ老人性色素の汚れを完全に取り除くことは困難です。皮膚科や美容整形ではケミカルピーリングやレーザー照射が可能ですが、肌の種類によっては傷跡が残る場合がありますので、事前にアドバイスを受けることをお勧めします。毎日それを心に留めることによって状態をきれいで耳が聞こえない状態に保つのは未来の白化です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA