最近の卒業生への面接と転職時の面接は、部分が異なり、共通部分があると言われています。転職するということは、以前に別の会社で働いたことがあるということも不思議ではありません。就職の面接でなぜ前の仕事を辞めたのかと聞かれる可能性はほとんどありません。職場を変える理由はいろいろあると思います。自分の理由で去る人は、理由を明確に説明するために他の理由で去る方が良いでしょう。間違えても、悪いことを言ったり、前の会社に文句を言ったりしないでください。就職の面接で悪いことを言ったり、前の会社について不平を言ったりすることは、面接であなたの評価を下げるためだけに、退職の理由の説明ではありません。その結果、自己欺瞞があなたを撃ちますので、転職の理由を嘘をついたり隠蔽したりする必要はありません。内容は同じでも言葉遣いによって印象が変わるので、騙すのではなく表現することをお勧めします。転職のマイナスの理由であっても、不幸でできないので使わない方がいいです。 「やりたい」「やりたい」などの前向きな表現を使うのが良いでしょう。印象を良くするための重要なポイントですので、転職の際は面接だけでなく、常に前向きな姿勢を意識することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA