高コレステロール血症の人は、食事を見直す必要があると言われています。人体には、LCLコレステロールとHDLコレステロールの2種類のコレステロールがあります。両方を組み合わせた総コレステロールのレベルもあります。どのコレステロール値が正常値を上回っているかを判断することが重要です。体内に存在するLDLコレステロールは悪玉コレステロールとしても知られています。 LDLコレステロールが高い人は、食事を見直してください。低タンパク質と高脂肪は、LDLコレステロールの特徴であると言われています。血中のLDLが多すぎると、高コレステロール血症につながる可能性があり、動脈硬化症や心筋梗塞などの生命を脅かす可能性があります。主に脂肪分の多い食事を好む人は、悪玉コレステロールが高い傾向があります。食事で肉を食べることが多い人は、悪玉コレステロール値が高いことが多いので注意してください。善玉コレステロールの場合、血中に大量に含まれていても、健康に良くないという意味ではありません。また、動脈硬化症や心筋梗塞などの症状を和らげる効果があるとも言われています。青魚やオリーブオイルには善玉コレステロールが豊富に含まれているので、食事に含めることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA