サラキンを使用するときに最初に確認することは、金利です。利子がどうなるかわからないままローンを組むと、予想外の返済額に驚かれるかもしれません。現金ローンの金利は、借り入れのコストです。ユーザーは、契約金利で計算された利息を元本に加算して、借り入れたお金を返済する必要があります。金利は各金融会社が決定し、融資限度額や目的によって異なる場合があります。同法は、投資法と金利制限法に上限を設けている。投資法に定められた最高金利は29.2%で、違反者は最高1000万円の罰金または5歳の懲役に処せられる。大手金融会社は29%をわずかに下回る数値を設定しています。しかし、投資法と金利制限法の数値の違いの問題から、金利の上限は20%に引き下げられました。具体的な減額は法改正後3年で、今後2年間は最大25.5%の金利が認められる。消費者信用を利用する場合は、事前に金利体系を知っておく必要があります。返済期限を長く設定すればするほど、利息は高くなります。たとえば、100万円を借りて一気に返済し、毎月3万円を返済した場合、最終的に支払う金額は大きく異なります。 1年後にまとめて返還すると129万円になりますが、毎月返済すると6年近くかかり、利子が高く、最終的には207万円になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA