ボトックススモールフェイストリートメントの利点は何ですか?メスを使った小さな顔の治療は、ボトックスによる小さな顔の治療の前に行われることがよくありますね。顔の後ろの皮膚を引っ張って縫い合わせるために、耳の後ろの皮膚を取り除く手術による小さな顔の治療が一般的でした。ボトックススモールフェイストリートメントの導入により、これまでに比べて患者さんの心身の負担が軽減されたと言えます。これは、メスを使用せずに注射するだけで済むようになったためです。また、ボトックススモールフェイストリートメントの効果は数ヶ月で消えます。ボトックススモールフェイストリートメントの術後の結果が気に入らなくても、数ヶ月我慢すれば正常に戻ります。ボトックススモールフェイストリートメントのデメリットについて。ボトックスの小さな顔の効果を維持しません。ボトックスは、筋肉を動かす神経伝達物質であるアセチルコリンの放出を停止することによって機能します。その結果、表情のしわの顔の筋肉が動きにくくなり、リラックスしにくくなります。約3か月後、運動神経の新しい側枝が神経から成長するため、ボトックスを1回注射するだけでも、アセチルコリンが新たに放出されます。したがって、ボトックス小顔面治療の大きな欠点は、年に2〜6回程度の手術が必要になることです。ボトックスの注入量が多すぎると、顔の筋肉の動きが抑えすぎて表情が悪くなり、能マスクのようになる可能性があります。したがって、ボトックス注射の経験が豊富な医師を慎重​​に選ぶことをお勧めします。また、ボトックスの小さな顔の治療は免疫系の過剰反応を引き起こす可能性があるため、事前に十分に相談することが不可欠です。シルクリスタ