公立と私立の教育ローンは性質が異なります。公的融資の特徴は、固定金利と低金利であるということです。民間ローンは、所得制限、ローン上限、使用制限が比較的緩いですが、担保手数料と金利は公的ローンよりも高くなっています。ただし、私立学校の貸出シーズンに応じて優遇金利キャンペーンが展開されているため、秋から春にかけて注目が集まっている。教育ローンの公式版は一般教育ローンです。これは日本政策金融公庫が資金を提供しています。また、各都道府県の積立会が運営する年金の教育ローンや郵便局が運営する郵便ローンがあります。対象者は生徒の保護者であり、世帯収入などに制限があります。大学、大学、大学の費用に使用できるだけでなく、高校、職業学校、予備校、高校の特別なニーズやその他の専門能力開発プログラムなどの教育機関での使用も承認されています。学校。世帯年収に応じて最大200万円が支給されます。民間教育ローンは、地元の銀行や労働金庫からさまざまな商品で提供されています。民間ローンの限度額は約300万円以下で、制限が緩いタイプも多い。金利も変動・固定であり、返済計画や保証内容は商品によって異なります。一部の銀行は、金利インセンティブを利用する際に、一般口座で行った取引を考慮に入れています。限度額を決める際には、他のローンの利用状況、自動車ローン、キャッシュアウト状況がわかるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA