意外と背中にニキビができることが多いようです。皮脂を多く出す背中は、ニキビが繰り返され、肌荒れがちです。にきびと呼ばれる細菌に栄養を与えると、にきびの原因となる物質が生成されます。毛穴にはニキビ菌が存在し、何らかの理由で栄養を与えるとニキビが発生します。毛穴に不要な皮脂が詰まっていると、そこから分泌されるはずの汗や脂質が分泌されず、蓄積していきます。皮膚の発赤と炎症は、毛穴を詰まらせる皮脂上のアクネ菌の増殖によって引き起こされます。赤くて化膿した毛穴を放置すると、ニキビができます。それで、にきびを防ぐために家であなたの背中の世話をすることは可能ですか?にきびは、シャンプー、コンディショナーの残留物、汗、油などが原因である可能性がありますので、お風呂でよく洗い流し、自分で背中のエステティックトリートメントを行ってください。夏の間は背中を大事にしてください。見えなくても汗をかく機会が多く、毛穴に汚れが残りやすいためです。また、髪の毛で泡立てたシャンプーで体を洗うことは避けてください。シャンプーが毛穴に入る可能性があります。抗菌剤であるイソプロピルメチルフェノールを配合したボディソープと、お肌に潤いを与える保湿成分をたっぷり使って毎日汚れを落とすと、なめらかになり、自分だけのバックビューティートリートメントができます。自宅でも、背中の存在を意識して丁寧に洗うことで、十分なバックケアができます。毛穴のゆるいお風呂に入るときは、お風呂に気をつけてください。メラスイッチ