それは私たちが今でも毎日行っている洗顔料ですが、驚くべきことに、私たちはそれを行う方法を知りません。顔を洗う方法は数年後には肌の状態が変わると言われていますが、基本的な洗顔方法は何ですか?顔を洗う基本的な方法として、まずゴムやヘアバンドを使って髪をきれいに保ち、顔の邪魔にならないようにします。また、洗顔料の泡立ちを良くするために、顔を洗う前に手を洗うことを忘れないでください。洗顔料を塗る前に顔を軽く湿らせてください。ただし、この時点では過度に湿らせないようにし、水に浸して少し拭いて乾かしてください。乾燥肌に洗顔料を塗ると、いきなりアルカリ性物質に触れ、刺激が強すぎます。洗顔前に濡らしておくと、泡に汚れが付着しやすくなり、洗浄効果が高まります。泡立ちが細かいほど汚れが落ちやすいので、洗顔料をよく泡立てることが目標です。洗顔料がよく泡立たない場合、皮膚の余分な皮脂が奪われ、より多くの皮脂が分泌されます。泡が肌に直接触れないように、泡を転がしながら指を洗うと、軽すぎると思っても十分きれいになります。過度の洗浄が皮膚をアルカリ性にし、抵抗を低下させないように、穏やかな洗浄方法が重要です。洗顔後は、洗顔料が残らないようにたっぷりの水で洗い流し、洗い流した後は、清潔で柔らかいタオルで軽く水分を吸収しますが、このときは軽くこすらないようにすることも重要です。リセラン