一部の投資商品は、為替レートの変動を利用してマージンを生み出すことを目的としています。外国債券や外国株式で運用されている外国投資信託も通貨を使用し、外国為替も外貨債権を利用して外国債券を購入し、外貨投資信託はマネーマーケットファンドと呼ばれ、外国為替マージン取引を利用して通貨を売買します。それがなければ、それは確立されません。そのような通貨に投資することには多くの利点があります。利点の1つは、各国の主要な金利の違い、つまり国間の金利の違いです。 「ゼロ金利」という言葉がありますが、日本円の金利はとても低いです。円の金利が低いので、日本に預金しても、刀を抜くだけで利子がつきます。国によって違いはありますが、高金利通貨であるオーストラリアドルとニュージーランドドルでの預金は、日本円に対して考えられないほどの関心を生み出す可能性があります。もう一つの利点は、将来日本円の価値が大幅に下がった場合に備えて、日本円以外の資産を持っていることです。あなたが日本にいることを忘れがちですが、日本円には不変の価値はありません。自然災害やテロにより価値が低下するリスクがあります。テロや災害などの突然の出来事がなくても、日本に比べて他国の経済が急速に成長すれば、円安になる可能性があります。このような場合、最終的には日本円のみの資産は減少します。資産運用において資産の一部を通貨に交換することにより、日本のカントリーリスク資産の一部を回避するリスク回避効果が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA