ラッシェンド 解約
ヒアルロン酸、コンドロイチンは美容や健康を目的としたサプリメントですが、人の体にはどのような作用があるものなのでしょう。コンドロイチンはヒアルロン酸と関連性が深い物質で、ムコ多糖類です。食物繊維のような性質も持っており、加熱によってゲル状になります。ヒアルロン酸から生成される成分でもあり、フカヒレなどが主成分です。軟骨中に特にたくさん存在するコンドロチインは、動植物が元々生成している成分です。人体では、脳、皮膚、角膜、血管にコンドロイチンがあります。骨や靱帯に対しても重要な役割を持っています。ヒアルロン酸もまた、コンドロイチンと同じように体内のいたるところに存在しています。ヒアルロン酸の濃度は体の部位によって異なり、特にへその緒、関節、目の硝子体、皮膚などに高い濃度で存在しています。ヒアルロン酸もコンドロイチンも、年齢とともにその濃度は成長とともに減少していきます。皮膚中のコンドロイチンやヒアルロン酸は、40歳頃から格段に減ってしまいます。体内の保水性は、ヒアルロン酸やコンドロイチンが相互に作用しあうことで強まっているところもあります。健康や美容を目的としたサプリメントには、これからもヒアルロン酸やコンドロイチンが用いられていくでしょう。