リセランの口コミ
絶食により外部からの栄養供給が失われたとしても、人間は体内に蓄えられた脂肪や糖分で生き残ります。言い換えれば、しばらくの間、人々は食物からエネルギーを奪うことなく生き残ります。食べないことで、消化管や肝臓などの臓器が休息し、余分な脂肪を燃焼し、毒素や老廃物を体から放出します。肝臓の血液浄化効果は、食べてから約5時間後に起こると言われており、10時間以上浄化しないと濁ってしまうようです。絶食した食事で余分な脂肪や老廃物を解毒することで、健康を改善し、体の弱った機能を回復させることができます。空腹時の食事療法の主な目標の1つは、毎日の食事療法を改善することです。あなたは食べ過ぎを避けることができ、少量の食事で満足するでしょう。全身をクレンジングすることでダイエット効果が期待できると言えます。考慮すべき点はたくさんあります。重要な点は、絶食した体はエネルギーの不足を処理するために体内にエネルギーを蓄える可能性が高いということです。特に空腹時の食事の後、断食後に回復食に従わないと、体質が悪化し、体重が増えてこれまで以上に回復する可能性があります。食べることを拒否した後に消費すべき量とカロリーは重要です。これは、空腹時の食事の直後の体が栄養素の消化と吸収を改善したためです。空腹時の食事療法に失敗した一部の人々は、回復食と彼らの食欲の間のギャップを容認しないかもしれません。適切な断食のために、断食に特化した適応を使用することをお勧めします。