ビハキュア
FDA(米国食品医薬品局)が承認した薬剤であるボトックスは、多汗症を治療するために米国のAllergan、Inc。によって開発された製剤です。現在多汗症の治療に使用されているボトックスは、もともと眼瞼けいれんや斜視の治療に使用される薬でした。ボトックスの有効成分であるボツリヌス毒素A型は、ボツリヌス菌が産生する致命的な毒素の1つです。ボツリヌス菌は非常に毒性がありますが、血中の多汗症の治療には使用されず、ごく少量しか使用されないため、安全な成分です。ボトックスは一時的に筋肉の働きをブロックすることによって働きます。筋肉と神経をつなぎ、筋肉の収縮を弱める働きをします。ボトックスの特性を利用することにより、多汗症の治療だけでなく、しわの治療にも使用されます。アセチルコリンと呼ばれる神経伝達物質がコマンドを発行すると、エクリン汗腺は大量の汗を分泌します。これは多汗症です。ボトックスはアセチルコリンの効果を弱め、発汗を抑制し、いくつかの障害を治療します。アポクリン汗腺は、体臭の原因となるもう1つの発汗源ですが、ボトックスはここでは機能しません。イプセンによって開発されたディスポートとBTXAと呼ばれる中国製の薬も、ボトックスのようなボツリヌス毒素A型製剤です。ただし、BTXAは非常に安価な製品ですが、北米やヨーロッパでの販売実績が少なく、日本ではほとんど使用されていません。ビハキュア