癌を発症した後、私は自分の人生が限られていると感じました。大田ひかる(46)は不妊治療中に乳がんと診断され、完全切除後に再発した。ある時点で、私は自分の子供をもう期待できなくなったので必死でした。その間、私を支えてくれたのは夫でした。老年期の現実と癌治療をやめるリスク。しかし、二人は命を危険にさらし、最後の受精卵を産むことにしました。

二人とも奇跡が起こった。面接時は妊娠14週目でした。来年、3番目の家族が生まれます。

今年の5月に体外受精で妊娠したことをブログに投稿しました。彼らのほとんどは45歳で、「超高齢者」として知られている年齢でした。

「ここに来るのは大変な作業でした。今日はブログに投稿できなかったと言えます。」

小泉さんが38歳、小泉さんが36歳の時の目標でした。年齢の関係で、私は仕事を救い、妊娠するために一生懸命働き、結婚してすぐに子供をもうけようとしました。翌年、婦人科に入り、排卵日のタイミングを調整することで初めて妊娠することができました。しかし、非常に初期の流産が続いています。

「当時の自分を振り返ると、とても可愛くて、彼女に十分な配慮をしていなかったと思います。仕事で忙しいこともありましたが、もっと妻と話をして、「私の妻になります。今は特別だったと思います。」

謝罪する小泉さんは、「当時、夫婦関係が一番辛かった。サクサクしていたと思う」と懐かしく答える。

私は人工授精を8回繰り返しましたが、移植せずに体外受精を専門とするクリニックに行きました。 Itasanです。40歳くらいです。患者さんが多かったので、長い間列に並ぶ必要があり、なんとか時間を乗り切ることができました。

しかし、最新の治療法の助けを借りても、彼女は妊娠しません。二人は、自分たちが最善を尽くせない時があることを知っていました。そして、生じる後悔の気持ち…

「年齢が怖かったです。人工授精を使わずに体外受精をするべきだったのが本当に残念です。専門クリニックでは、カルテは最長39年11ヶ月です。あと何ヶ月ですか?まで締め切り?私は焦りました。」

また、採卵と移植はそれぞれ30万円程度の高額な治療法です。限界への恐怖を増すかのように、コストは大きな負担になりました。

この時点で、1つの受精卵だけが凍結されます。

「受精卵の評価はありますが、かなりいいグレードだと言われていました。次に、採卵せずに受精卵を移植しましょう!」

しかし、移植当日は不規則な出血があり、中止されました。

「当時、私は不妊治療のスケジュールで生活していました。移植がなかったために突然自由時間ができたので、乳がんのスクリーニングに行きました。右乳房にがんが見つかりました。」

突然の変化の直後、病気に翻弄される生活が始まりました。結果は悪質です。診断は、全切除を考慮すべきであるというものでした。

小泉さんは「小泉さんの顔が見えませんでした」と言った。再発のリスクを減らすために、2人は完全な右胸部切除を行うことにしました。一方で、出産治療は依然として問題です。

絶対に諦めたくない。小泉さんは、がんを治療する前に、別の卵子を取り、受精卵を凍結することを提案しています。

「癌にかかった後に不妊症の治療を受けていた人々がきらきらと見えたので、私はもうその段階に立つことができませんでした」と彼は言いました。

もう一つの希望は、それが凍結されることでしたが、採卵は失敗しました。血管…針を刺しましたが、卵が取れませんでした。

「地獄に終わりはないと思った。 「液胞」という言葉は私を空っぽに感じさせました。一番泣きました。ああ、出産治療は今や強制的に終了しました。」エミリンチャンネル(えみりん)