Ray Run Leo ShuntRyokiからなるチーム「One」がステージに登場しました。レオは「最後に16人でクライマックスを迎えてシャイニングワンをやりたい」と語り、ステージが始まりました。

水と油のような暗い個性を分離することは問題ありませんが、チーム1は密接に重なり、各色を最大限に活用しました。真ん中に立っている蘭が舞台を美しく彩るとき、涼木はあらゆる動きで観客の視線を盗みます。ユニークな性格や習慣などのトピックは、今ではユニークな才能として輝いています。

レイは音楽の楽しさを心から表現し、各曲を独自の色で昇華させるシャント、そしてそれらすべてをしっかりとサポートするレオ。 「これだけ」と表現できる絶妙なバランスで構成された唯一の「シャイニングワン」を魅了しました。

舞台裏を眺めるチームシャイニングは、心と魂を込めたパフォーマンスへのスタンディングオベーションでした。コメントを求められたレイは、「今の気分はわからないが、またやりたいと思っている」と語り、「そこにいた」と語った。生活。

クリエイティブ審査員NEOとプレデビュー曲「ShiningOne」の登場を経て、SKY-HIが最終メンバーを決定する。 「品質第一、創造的第一、アーティスト第一」、それは常に提起されてきました。この条件とともに、「1年5年後を大切にしたかった」というメンバーの選考基準を明らかにした。

真人が「あさりのような感じ。いい結果を出してほしい」と言ったとき、翔太は「本当に音楽が最高だと感じた」と語った。スータは、「誰もが彼らがすべて天才であることを確認した」と言って、彼女の良い戦いのそれぞれを賞賛しました。

そして、待望の結果発表で、SKY-HIが初めて「THEFIRST」についての感想を語りました。

「生き残るふりをするのではなく、人々の才能を磨き、輝かせることができる場所を最初に作りたかったのは、間違いなく「現象」でした。みなさんがグループになっているので、これからの人生で「THEFIRST」をやったことを誇りに思います。私はあなたを尊敬する。 “助産師hisako