回復しない食事に食事制限はありますか?しばらく食事を制限すると、少量のカロリーで生き残るように体が調整されます。それは基礎代謝率を下げ、体内のカロリー消費を減らします。食事制限が始まってからしばらくは体重が減り続けますが、体が食事制限に慣れると、停滞期と呼ばれる段階に入ります。伝統的なダイエットをしていても、思ったほど体重が減っていないのは大変な時期で、なぜか体重が増えやすいです。回復しやすい時期と言えます。お気に入りの食事に従うなどの食事制限も、心理的ストレスを増大させます。停滞期のダイエットは、ストレスがたまり、期待通りに体重が減らないため、モチベーションが低下する傾向があると言われています。フルリバウンドの開始をトリガーします。従来の食事制限では、代謝による吸収が少ないため、少量のカロリーでも処理できます。ダイエットをやめて通常の食事に戻ると、エネルギーが過剰になります。ダイエット制限の前日に消費できたカロリーは、ダイエット制限後は消費できなくなり、脂肪になり、リバウンドを引き起こします。回復すると、一時的に失った体重が回復します。リバウンドを防ぐために、食事制限中であっても基礎代謝率を下げないでください。減量を考えているなら、食事制限のあるダイエッ​​トだけでなく、運動することでリバウンドに対抗する対策を講じることが重要です。ゆきりぬ 身長