ホームレスや福祉の受給者を差別的に発言したとして批判されたメンタリストのダイゴさん(34)が謝罪動画を流布した後、「メンタリストのダイゴさんのユーチューブ。日本での憎悪彼は、社会的影響力を持つ影響力のある人々、特に若者に「突然謝罪する」ことを許可するだけではないという彼の態度を示しました。

大吾氏は、友人の茂木健一郎氏の脳研究者から紹介され、33年にわたって路上生活や生活に欠かせない人々を支援してきたNPO北極の会長に就任します。奥田知志さん、知りたい人の現状をお伝えします。

ダイゴの反応は、話を聞いてアリバイを作って元の活動を再開することによる正式な学習だったという批判がたくさんあります。

奥田さんもこの辺りを見抜いているようで、16日に発表された「大吾氏の差別的発言の意見と背景とその対処法」では、大吾氏から学ぶ機会を提供しているものの、中途半端な気持ちになっている。来たくないなら飛び出します。

「学ぶ」ことは、自分自身に切り込み、暗闇を見つめることから始まります。単なる知識のマントではなく、自己批判を伴う活動だと思います。 ……DaiGoはあなたが一人でいて自分自身に目を向けることを望んでいます。そして今回は、あなたを傷つけた人々の痛みを感じてほしい。 「学ぶ」というのはそういうことだと思います。したがって、北極として、私たちは単に「学び」、物事を行う場所を提供するのではありません。自分を徹底的に批判し、厳しく向き合うように対話してほしい>

大吾氏は、奥田氏と最初に話をしたときにこれを提案したと述べた。

<その時、大吾さんは「寄付をお願いすることもできます」と言っていましたが、断りました。私たちが今しなければならないのは謝罪して学ぶことだけだと私は言いました、そしてそれは私たちが焦点を合わせるべきものです>

インフルエンサーとしての彼の影響力は「金銭的解決策」を揺さぶるが、奥田氏はこれを拒否し、学習プロセスをビデオとして広めることを許可しない。吉田朱里